英才教育と一口に言いますが、英才教育には大きく3つに分類されます。1つはどんどん先のことを学習していき、飛び級などの早期教育です。日本ではほとんどありませんがアメリカでは小さな子供が飛び級で大学に入学するケースは時々聞くかとおもいます。2つ目は、トップアスリート、研究者などになることを目的とするエリート教育です。近年ではオリンピック選手、ゴルフ、サッカーなどのトップアスリートに成功した人の仲に小さな時から教育、訓練をしたケースが見受けられます。そして3つ目はある分野だけに秀でた能力を持った子供を教育するギフテッド教育です。日本では一般的に早期教育、エリート教育がよく行われており、多くの子供が小さな時から英会話、ピアノ、各種幼児教室に通ったりしています。

教育内容に合わせてスタートさせます

ではいつから始めればいいのかというと、行う内容により異なります。英語などの語学ですと、幼稚園に入る以前から始めるのがいいでしょう。語学においては早くから行うことで語学に対してスムーズに入ることができるからです。外国語を早くから聞く、話すことは自然と身についてきます。テレビ、ゲームなどの日本語での外部からの刺激は妨げとなりますので注意が必要です。スポーツなどにおいては体の筋力に合わせて行うことが大切ですが、語学と同じで幼稚園入園前ぐらいからスタートさせるのがいいでしょう。ただし、難しいことを行うのではなく、その子供の体の筋力に合わせて技術を教えていくのがいいでしょう。体の成長とともに技術がスピードアップしていき、筋力アップで新しいスキルを身につけることができるでしょう。

1つだけに絞って行うことが大切

英才教育はひとつ分野のことだけに集中して行うことが大切です。学問ですと英語、数学などの1つの教科だけです。また、スポーツにおいてもあるひとつの競技に限定します。5教科全てに秀でた天才は早期教育で飛び級をしてどんどん上のレベルの教育を受けていってもよいでしょうが、現代のトップアスリート、研究者はある分野だけに秀でた能力がアップしています。日本では受験という制度があり、英才教育とは逆行して複数の教科を勉強する制度があります。もちろん、早期教育として行うのであればいいのですが一般的には英才とは言えません。ひとつだけに絞り、3歳の時から行うのがいいでしょう。外部の刺激が入る前に行い、ずっと続けていくことで必ずその分野のトップになることができるでしょう。