英才教育で一番大切なことは、子供に勉強を楽しいと思わせることです。勉強を楽しいと感じたら、子供は自分から勉強をするようになります。この点が重要です。逆に子供に勉強を強制したら、子供は苦痛を感じるようになります。これは避けなければなりません。基本的なことを少しずつ勉強させましょう。昔の人は読み書きそろばんと言いました。今はそろばんを使うことは少ないですが、計算の能力は必要です。それから言葉を読めて、書けることも大切です。これを早い時期から始めるようにします。褒めることを忘れてはいけません。子供が計算をできたり、言葉を覚えたら、褒めてあげるようにします。大袈裟にほめても構いません。褒めてもらうことで、子供のやる気が増えて、勉強への意欲が高まっていきます。

好奇心を刺激して子供の勉強を続ける

子供は好奇心が旺盛です。自分の身の回りのことを知りたいと言う気持ちです。物事を知ることによって、子供の世界が広がっていきます。親はこの好奇心をうまく引き出すようにしましょう。これが英才教育の第一歩です。まず本を読んであげるようにします。どんな本でも構いません。子供が面白いと感じることが大切です。繰り返し読んであげると、子供は言葉を覚えるようになります。言葉を覚えられるようになると、さらに好奇心が高まってきます。多くの言葉を覚えられたら、自分で本を読めるようになります。本を読みたいと言う子供の気持ちを尊重しましょう。親自身も本を読むことを忘れてはいけません。計算は読むこととは別の能力です。論理的に考えることが必要になります。算数の論理は子供には難しいことがあります。イラストをふんだんに使って親しみやすい計算の本が発売されています。それを使うようにしましょう。

褒めながら基礎的なことを繰り返す

英才教育と言っても、特別なことをするわけではありません。言葉を覚える、読む、計算をするといった基礎的なことが確実にできるようにします。基礎的なことを定着させるには、反復練習をしなければなりません。同じことを繰り返すと苦痛を感じる子供もいます。また基本的なことを覚えられない子供もいて、親は腹を立てることもあります。このような時に怒ってはいけません。子供を励ますようにしましょう。一緒に頑張ろうね、声をかけるようにします。そして、子供が進歩したら、褒めるようにします。このことを忘れないようにすれば、英才教育が挫折することはありません。焦らないことも大切です。子供がなかなか覚えられなかったり、能力を身に付けることができなかったら、辛抱強く待つことも必要になります。