『英才教育』と聞けば、幼いころから難しい教育を受けさせる、勉強させるイメージがありますが、実際はそういうわけではありません。早い内から勉強させることであり、基礎をしっかり固めさせることを目的にしています。何より、厳しく勉強させることではないので、そのイメージは忘れ、注意しましょう。大切なことは、その子どもの状況に応じた勉強をさせてあげ、それを親として全力でサポートすることです。能力基準が達していないにも関わらず、難易度の高いことを要求しても意味はなく、理想とする結果から遠ざかる可能性があります。耐えることができたとしても、その反動から、将来勉強をしなくなり、失敗に終わるでしょう。だからバランスを考え、無理をせず、子どもの勉強力を考慮した上で教育を与えて上げましょう。

子どもの意志を尊重して教育を与える

英才教育によって、より良い人生を子どもに歩んでもらうことは良いことです。しかし、無理強いしても意味はなく、子どもの成長の糧とはならないでしょう。何より、子どもが勉強する意志がなければマイナス効果となり、結局親ばかりが頑張る状況になります。押し付ける教育は悪い影響でしかないので、子どもにその姿を見せないようにしましょう。子どもと親とが二人三脚で頑張れる状況が理想的であり、子どもの意志を尊重して勉強することが必須です。勉強する意味やその楽しみ、それをコツコツ毎日取り組むことで得られることを伝え、子どもを勉強モードにさせると良いでしょう。これによって自然な形で勉強するようになり、同世代の人たちよりも早くスタートダッシュすることができます。それによって一歩も二歩も先に進んだ状態になり、将来、より難しい勉強ができるようになるでしょう。

貪欲に頑張れるように導かなければならない

学ぶことの楽しさや問題が解ける面白さを分かってもらうためには、子どもと一緒に勉強することが一番です。普通であれば、子どもに勉強させるのが親の仕事です。ですが、英才教育をしたいのであれば、子どもに良い環境で勉強してもらわなければなりません。それも長続きさせることが必須条件なので、一緒に取り組む仲間として、親も一緒に勉強すると良いでしょう。時には競い、時には教え合うことで、一人で取り組む環境ではなくなり、協力し合える仲間となります。ある程度勉強できるようになったのであれば、学校とは別に塾や予備校へ案内してあげ、より良い環境へと導きましょう。誰かと勉強する良さを知っている状態になるので、問題なく取り組めます。順序が確立されるので、英才教育として良い方向へと進むでしょう。

1歳児から小学校3年生までが対象の英才教育型託児所です。 小学校受験を考え始めたら、まずはご相談ください。ご利用者さまのお声もご紹介しています。お子様自身が求める知的成長をサポートします。 当社は、働くお母様の受験準備をお手伝いします。子供達の日々過ごしている姿をしんが~ずダイアリーでご紹介して配信中です。 学童・託児所は駅からも近く徒歩3分から徒歩5分にあります。 教示教育のパイオニアによる英才教育